スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積読崩しの記録


これは面白かった! 表紙でものすごく損してると思うのはわたくしだけ・・・・?
ホームズのパスティーシュもので、知らなかったんだけどシリーズ7冊目でしたw
シリーズをまったく読んでなくてもホームズ好きじゃなくても楽しめると思います。
ホームズの弟子かつ妻(!)であるという設定のヒロインがステキ。とはいえ内容はうんざりするようなロマンスからは程遠く(ヴィクトリア時代の女性だしね)、むしろ過酷なほどに理知的。
1巻目からさがして読みたくなっちまいました。


2007年に出版されたハヤカワFT。このころはまだ買ってたんだな・・・。
主人公はあんまり好きじゃないんだけど、けっこう面白かった。
解説に「ジョージ・R・R・マーティンの《炎と氷の歌》をコンパクトに纏めたような展開」とありましたが、納得。3倍くらいのボリュームがあっても楽しめる本なのではないかしら。
まあ、わたくし、あっちのほうも1巻よんですごく面白かったのに続き読めてない人なんですが、今また文庫で刊行されてるから、リベンジのチャンスなのかなっ。


これはー。うーん。
ビクトリア朝のエジンバラを舞台にしたミステリです。が、現在のところ、キャラクターをそれほど好きになれなくて残念。
続刊には食いついて読んでいきたいと思ってます。


最後の2編だけ投げ出してた本です(^-^;;)
古典読みたい気分のときは、ついていけるなー。最近そういう気分だったことが少なかったとみえて、頓挫していたのでした。
クトゥルー系好きな人はおさえとけ・・・?w

COMMENT

 

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 黒砂港寄航録 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。